FC2ブログ

Fantasiaって単語使ってみたかった

社会人2年目になりました。SEを目指す楽天家の日々あったことの日記。見に来てくれた人の暇つぶしになれば幸いです。笑ってもらえれば尚良し。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

鉄鼠の檻

 鉄鼠の檻(てっそのおり)。

 京極堂シリーズ第4作。勿論著者は京極夏彦さん。京極さんが所属してるオフィスの公式HPはコチラへどうぞ。



 もうこのシリーズにはまって1年が経とうとしています。

 早いものです。

 就職活動中の移動時間にと読み始めたこのシリーズ。やがてそれは、研究室への移動時間にへと変わり、現在は2週目に入っております。

 今年は、「魍魎の匣(もうりょうのはこ)」の映画化もあるので、また非常に楽しみです。


 それでは感想を。


 毎度のことですが、やはり面白かった。

 伏線・・・だと思うのですが、前に引いてあった線のいくつかがココで繋がりました。

 単純な僕は、ただただ「おぉ、すげぇ」って感動してました(笑)



 物語の始まりは、雪が降りしきる箱根の山。その山中で一人のお坊さんが殺されてしまいます。

 その山中で起きた事件に居合わせた人々は、自分なりの考えを巡らせて事件を解決しようとするのですが・・・。

 山には結界が張られていた。

 ところ変わって、山のふもとあたり。あの古本屋の男は仕事で箱根を訪れていた。それを知った関係者は、彼に事件の解決を依頼するのだが、いつになく頑なな彼はなかなか動こうとしない。

 何故なら今度の事件は、彼の「言葉」が利かない・・・。

 果たして、山に張られた結界を破ることができるのか・・・?


 てな流れです。

 あー、全然伝わらないでしょうなぁ(笑)内容に触れないで書くのは難しい。

 今回は、脳の束縛や、言葉など、非常に難しい理論がちりばめられています。非常に参考になりました。でも難しくて、あんまり理解できてない(笑)

 京極堂シリーズは、内容の他にも楽しめるものがあって、それが面白いと思います。僕はそれに惹かれていますからね。

 今回も非常に勉強(?)になると思いますよ!


 あ、「鉄鼠の檻」を読む前には、「姑獲鳥の夏」、「魍魎の匣」、「狂骨の夢」をこの順番で読んでね!



 それじゃあ興味のある方は読んでみてください!


 どーぞー!







 「拙僧が殺めたのだ」
スポンサーサイト

| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<二つに一つ | HOME | 遊んでますよ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。